お腹が痛くならない?

便秘茶を適量飲んでいる分にはお腹が痛くなることはありません。
ですが最初から自分にあった濃さを作るのはむずかしいです。
うすめに作ることをオススメしているのはお腹がいたくならないためでもあるのです。

 

便秘茶が効きすぎて下痢になると普通の下痢と同じぐらい痛みがあります。
トイレと部屋といったりきたりすることもよくあることです。
そういった場合には出し切ってください。

 

メーカーの注意書きを読んで何分ぐらい浸せばいいのか書いてありますが、
私は最初は1分ぐらいから始めたほうがいいと思っています。

 

軽い便秘なら十分そのくらいで出るようになるからです。だいたい2分ぐらいから3分ぐらいが普通の便秘に効くとあるのですが、1分からはじめてみてください。それでも出ないようでしたら1分30秒ぐらいで様子をみてください。

 

人によってはうすめて飲む人もいるようですし量を調節して飲む人もいるようです。

 

便秘茶を飲んでおなかが痛くなっても原因がわかっているのでお医者さんへ行く必要もないでしょう。1日ぐらいで治ってしまうものです。あまりにも効きすぎてもう便秘茶はいらないと思わないでください。便秘解消には至っていないのですから。

 

薄めからはじめて徐々に濃くしていくことをオススメします。
ほんとうに秒単位で濃くしていくと自分に最適な時間がわかります。

 

おいしいくらいに濃くしてしまって何回もお腹がいたくなって下痢になったことがあります。
うすいぐらいがちょうどいいのです。

 

ずっと痛いかといいうとだいたいは2時間ぐらいするとおさまります。
おなかにフリースなどを巻いて足元はあたたかくしていてください。
トイレに行きたいと思ったら行って出すことが大事です。

 

どうしても痛みがとまらない場合には下痢止めを飲むこともしょうがないと思います。
下痢止めを飲むと痛みも止まりますので使用する場合もあります。

 

夏場で冷房をかけている人も多いと思います。お腹だけは冷やさないようにしてください。
靴下をはいているとあたたかく過ごせる人も多いようです。

 

できるだけはやく自分にあった濃さを見つけるようにしてください。
お腹が痛くならないようにするためにもほんのすこしづつ濃くしていってください。

 

便秘茶をやめてもずっとお腹が痛い場合にはお医者さんへ行って診てもらってください。

 

何か別の病気が潜んでいるかもしれません。お医者さんへ行ってレントゲンを撮って便とガスが溜まっていると毎日下剤を飲むように言われます。

 

下剤がいやで便秘茶を飲み始めたのです。
おいしくてはまってしまっていまでも毎日飲んでいます。

 

お腹が痛くならないようにくれぐれも濃さには気をつけて飲むようにしてください。