妊娠中・授乳中だけど便秘茶って飲んでも良いの?

妊娠中・授乳中の便秘茶は控えたほうがいいです。メーカーのサイトで書いてある場合もありますが、一般的に飲まないほうがよいとされています。

 

便秘茶にはいろいろな成分がはいっていて妊婦さんや授乳中の人には好ましくない成分がはいっている場合が多いものです。便秘茶を飲むのは妊娠後、授乳後に飲むようにしましょう。

 

すこしの期間です。便秘茶を今まで飲んでいた人も妊娠したら便秘茶はやめましょう。まだ残っているからもったいないと思っても赤ちゃんに影響があったらやはりあとで後悔します。妊娠していない人にあげるととても喜ばれると思います。

 

妊娠中の便秘にはやはり野菜やヨーグルトなどが効きます。
たくさん食べてたくさん出すようにしましょう。

 

本来人間は口から食べて排泄器官から出すようにできています。もしどうしても便秘が気になるようでしたらお医者さんへ相談しましょう。

 

やはりプロですから的確な答えが返ってくるでしょう。

 

あとは散歩をすることです。一日に1回や2回散歩をすることをオススメします。

 

もちろん流産の恐れがある場合は安静にしていなければなりませんが、
赤ちゃんが元気ならば便秘解消のためにも毎日歩くようにしたほうがいいです。

 

最近では妊娠してもあまり体重を増やさないようにと妊娠中のエアロビクスなどがはやっていますよね。そういったものに参加するのもいいと思います。水中エアロビクスなども健康にいいのでオススメです。

 

いままで便秘茶を飲んでいた人はどうしても飲みたくなってしまうものだと思います。
でも赤ちゃんのことを考えたらやはりやめておいたほうがいいと思います。

 

メーカーによっては『妊娠中は飲まないでください』とはっきり書かれている場合があるほどです。自然のもので出す努力をしてみましょう。気分転換にショッピングに行くのもいいと思います。これから生まれてくる子のためや自分の好きなものを買いに外に積極的に出てみましょう。

 

家の中にじっとしているとなかなか便秘解消になりません。

 

あせって薬を飲まないようにしてください。ひとりでうちのなかへいるとだんだん心配になってきたり誰かとおしゃべりしたくなるものです。電話をかけたりテレビを見たりして気分転換をするようにしましょう。

 

妊娠中・授乳中の便秘は食事と散歩で解決するように頑張りましょう。
困ったらお医者さんへ相談することが大事です。

 

便秘茶を妊娠中・授乳中に飲むのはやめましょう。
体によくありませんし、赤ちゃんにもよくありません。オススメできない場合です。